新名神淀川橋工事に伴いJR京都線の線路下に西国街道からの道が作られ、地下横断通路が新たに作られるみたいです。工事は22年8月29日までのようです。
20201229kajiwara4
現在JR京都線の南北について線路の側道が上牧に向かって工事がなされていますがこちらは南側。まだ途中で止まっています。(めっちゃ撮影者の影が映ってます。。)
20201229kajiwara3
今回新名神の淀川橋の工事に伴って側道の整備で、西国街道からJR京都線の下を抜けるトンネルを作っているようです。
20201229kajiwara5
この横には、もともとトンネルはあるのですが明治9年に作られた当時のままのレンガトンネルです。
20201229kajiwara6
これは以前にも投稿しました甚兵衛川(東海136号)レンガトンネルです。この付近レンガトンネルがたくさんありますが、この西の萩の庄には一昨年大きな車が通れるトンネルができましたが、今回その次にできるようです。
過去の関連する投稿はコチラ↓

そのレンガトンネルをくぐって北側に行くと
20201229kajiwara7
トンネルを抜けて北側から見るとこちらも工事がなされています。新名神の下の側道は2本あるのようなのですが線路下を通るのは1か所かもしれません。
20201229kajiwara8
北側も上牧に向かう線路沿いの道が作られています。でもこちらもこの場所でいったん止まっています。地下通路のさらに南側、阪急電車と新幹線については通過する道路は今のところ情報はなさそうです。今後もここの進捗がありましたら追記します。

参考:過去の投稿
▶新名神工事 東檜尾川沿いにある本線工事の巨大な橋脚 2021年1月