高槻芸術文化劇場の工事のようすです。11月になって先週、ついに外観が現れました。外に囲ってあった足場がなくなりました。20日時点、表はまだ少し残っていますが、南側や西側の足場はなくなっているようです。
20211120芸術文化会館 (2)
窓がありません。こんなデザインだったかな?というかんじです。
20211120芸術文化会館 (1)
よく見ると細い木材?が縦方向に使われているように見えます。
20211120芸術文化会館 (3)
ひよっとして隙間から採光してるのでしょうか。(ここは西側方面)
PB201706 (2)
全体図からは詳細がわかりません。(図には来年8月31日までとありますがこれはこの周辺の外観工事予定でしょうか)
20211120芸術文化会館 (4)
なお、20日時点は表側はまだ足場がありました。建物の外観の変化は今後は変わらないかも知れません。

◆以下は前回10月のようすです。
高槻芸術文化劇場の工事のようすです。外観は大きく変わっていませんが、今回は南側、槻の木高校付近から見てみます。
20211017芸術文化会館 (3)
西側の囲いが最初より、少し内側に入っているようです。
20211017芸術文化会館 (2)
中央が高い構造なんですね。
20211017芸術文化会館 (5)
西側の地域の壁には週間の工事予定が掲載されているようです。
20211017芸術文化会館 (6)
今後も周辺からだけになりますが状況を観察したいと思います。(ここにあった二の丸御殿の考察も並行して投稿します)

◆以下は2021年9月23日のようすです。
高槻芸術文化劇場の工事のようすです。前回7月からさらに約2か月経ちました。
20201918文化会館
前回は骨格だけでしたが、最上階まで形ができてきました。会館までまだ1年以上かかるのでまだまだですが、まず外郭ができてきたというところでしょうか? 表からの観察だけですが今後も定期的にようすを追記します。

◆以下は2021年7月のようすです。
高槻芸術文化劇場の工事のようすです。前回から約2か月経ちました。
20210702geijyutu
鉄骨の骨格が最上階付近まで組み立てられているようです。
20210703geijyutu
通るたびによく見えるところがないかなと思うのですが、なかなか良い場所がありません。
20210627geijyutu
これは高槻城公園の入口付近から見たようすです。上の3枚は違う日に撮っているので微妙に進捗が違うかもしれません。今後も外観だけですが時々進捗追記します。。

◆以下は2021年4月のようすです。
高槻芸術文化劇場の工事のようすです。2023年3月開館予定のようです。
20210405bunka (3)
囲いがあるため全体がわからないのですが、最近では3階付近までの鉄骨が組み立てられているようです。
20210405bunka (1)
あと2年での開館となる予定ですがまたときどき進捗を更新します。(具体内容もできるだけ)
なお大ホールはトリシマ大ホール、小ホールは太陽ファルマテックホールと決まったようですね。(開館10年間の契約)



◆以下は2021年1月の内容です。
高槻芸術文化劇場の工事のようすです。1月11日時点です。囲いがあって細かい進捗がわからないのですが、
20210111bunka1
外から見ると昨年末から骨格が組み立てられ始められているようです。
20210111bunka3
また東側の囲いには建設後のイメージ図も掲載されており、
20210111bunka4
コンサートなどのイメージ図もあり、
20210111bunka2
また西側には週ごとの工事予定の表示もあります。これは都度更新されているようです。
今後も進捗がわかり次第更新します。

◆以下は2020年10月22日の投稿です。
高槻芸術文化劇場の工事のようすです。
20201021siminkaikan1
前回投稿から半年がたち、いよいよ本格的な工事が始まっています。西側では鉄骨の建物の組み立てが始まっています。
20201021siminkaikan2
数か所で大きなクレーンなどの重機で工事を始めているようです。しかしとても大きな疑問がありました。
◆いままでの二の丸御殿の発掘調査の跡地はどうなっているの?なくなったの?
◆地下の雨水の貯留施設は過去の同様な発掘跡を壊しているの?
市の埋蔵物センターにお話しをお聞きする機会があり、答えがわかりました!計画にあたってはバトルもあったようですが、その配慮がなされ、結果建物は旧二の丸御殿の敷地のど真ん中に建物が作られてるようです!

すなわち、われわれの次の世代が今建設中の芸術文化劇場がさらに建て替えが必要になったときに、次の世代が高槻城の跡の構想を考えるときに、旧二の丸のお堀あとをあえて後世のかたのために残しているようです。まったく知りませんでした!そのような配慮があり今の工事がなされているようです。
今後の高槻城跡公園 芸術文化劇場の建設状況変化ありましたら追記します。

◆以下は昨年12月の投稿です。
新文化施設の名前は高槻城跡公園 芸術文化劇場になりましたが、工事のほうも始まってきたようです。
geijyutu_bunka191228_1
基礎の杭を打つのと、コンクリートをつくるサイトのようなものがあります。現地の周囲は塀に囲われてしまいました。
geijyutu_bunka191228_3
塀には完成予想図などもあり予定なども記載がありました。
geijyutu_bunka191228_2
さらにあまり見かけないのですが、予定などを表示するディスプレーも2つ登場してます。
geijyutu_bunka191228_5
訪れた当日は右側だけ表示されていましたが、工事のようすもライブで見れたらよいですね。
geijyutu_bunka191228_4
また年始に野見神社に並ばれる方、ここの歩道を並ばれますが何か情報映っていたらよいのですがどうなるのでしょうか。。

現在ある市民会館と文化ホールの総称「高槻現代劇場」は、令和4年度の高槻市新文化施設の開館から、「高槻城跡公園 芸術文化劇場」になり、新文化施設を南館、現在ある現代劇場の文化ホールが北館となるようです。

市民会館に関する過去の投稿(上はこれらの記事をつなげています)

高槻市新文化施設の工事現場をながめるすずめくんたち 2019年10月
高槻市新文化施設 入札結果は大林組が落札し2022年8月末までの工事のよう
市民会館はいつできるの?どんな感じなの?
市民会館が移転するみたい
という記事を登録してから、高槻城の発掘調査の投稿をしてきました。

高槻城築城400年 特設ページ