みどりのカーニバルが、昨日安満遺跡公園で開催されました(2022年5月15日)お昼前に少し見てきました。テントのある体験会場、模擬店から見てみます。
20220515みどりのカーニバル (5)
会場では検温のあと、時計回りに会場を少し見てみます。
20220515みどりのカーニバル (6)
工作のコーナーや
20220515みどりのカーニバル (7)
四季の体験コーナー
20220515みどりのカーニバル (10)
このときには中央では、けん玉を披露されていました。
20220515みどりのカーニバル (12)
紙飛行機、ストロートンボ、ぶんぶんゴマ
20220515みどりのカーニバル (14)
てまり、とんぼなどのおもちゃ作りや
20220515みどりのカーニバル (15)
パッチンかえるのクラフト
20220515みどりのカーニバル (16)
フリスビー飛ばし、わなげなど
20220515みどりのカーニバル (17)
ロープ結びの体験 グラウンドゴルフ、わなげなど
20220515みどりのカーニバル (18)
万歩計ゲーム?
20220515みどりのカーニバル (19)
テイスコン?
20220515みどりのカーニバル (21)
アートバルーン
20220515みどりのカーニバル (22)
コイン落としや
20220515みどりのカーニバル (23)
スーパーボールすくい
20220515みどりのカーニバル (24)
わなげ
20220515みどりのカーニバル (25)
あと、飲食コーナーも
20220515みどりのカーニバル (26)
このようにぐるっとテントがあって、
20220515みどりのカーニバル (27)
そのほか、かき氷なども
20220515みどりのカーニバル (28)
フランクや飲み物も
20220515みどりのカーニバル (29)
小物も
20220515みどりのカーニバル (30)
たまごせんべいなど
20220515みどりのカーニバル(35)
なお、定番のSL体験も
20220515みどりのカーニバル(36)
楽しそうです。。
20220515みどりのカーニバル (38)
市バスの展示もありました。
20220515みどりのカーニバル (37)
記念撮影も
20220515みどりのカーニバル (40)
パトカーとの記念撮影も
20220515みどりのカーニバル(41)
白バイとの記念撮影も

20220515みどりのカーニバル (34)
なお、公園の東側ではシロツメグサのお花畑がすごいことになってます。

とにかく、たくさんの遊びができて、公園周囲でもお花畑を見ながらお弁当を食べておられるご家族づれもあって、楽しい時間を過ごされたのではないでしょうか。

20220515みどりのカーニバル (3)
なお、この日も会場から自衛隊ヘリの編隊が見られました。


◆以下は前日の案内の内容です。
みどりのカーニバルですが、直前の案内になりました。今年は安満遺跡公園で明日5月15日(日)開催予定のようです。ここのところコロナの影響で開催されていませんでしたが、久々、さらに場所も安満遺跡公園の開催です!
midori_top22
高槻市こどもの月間実行委員会が中心となって、毎年5月を「こどもの月間」と定め、「子どもたちを心豊かに」をテーマに関係機関及び団体とが連携し、その取り組みのひとつとして、「みどりのカーニバル」を開催されるようです。

2019年のようすを見ていただくとわかるんですが、子供さんがご家族と楽しく遊べるイベントです。
模擬店:菓子類、飲料販売など
体験:ミニSL、はにたんバスなど
創作:クラフトコーナー、アートバルーンなど
遊技:けん玉、ニュースポーツなど
この他にも、ランチタイムコンサートなどもあるよう。
家族で楽しめるイベントですので、皆さまお誘い合わせのうえお越し下さい、とのこと。

2022年5月15日 午前10時30分~午後3時
※ 雨天中止(小雨決行)



久々の開催で天候もなんとか良いようなので楽しみです。


◆以下は3年前、今城塚公園での開催のようす 以前の投稿もご参考
今年2019年もみどりのカーニバルのようすを少し見てきました。
mdr_canbl2019_2
子供月間のイベントですが模擬店や体験コーナなどがありました。


参考:いままでのみどりのカーニバルのようす

▶ いましろのみどりのカーニバルに行ってきた

参考情報
大阪府のデータおおさかという冊子があるのですが、そこで各市の人口割合が載っています。高槻市の人口割合ですが15歳未満が13%、65歳以上が27.7%みたいです。15歳未満の割合は全体の真ん中くらいでしょうか?おとなりの茨木市は14.6/23.5%、枚方市では13.3/27%です。ちなみに大阪市は11.2/25.3 % いずれの町でも若い方の割合が少なくなっていますね。今後も大切なお子さんが元気に育って、生活できる高槻市であってほしいです。少しでも貢献できればなあ。。。